ElECTRIC DiARY(blog)

びゅーんと。。。鹿児島からかえって祇園祭


びゅーんと。。。鹿児島2


ということで、今日は撮影。
何の撮影か?
ええ。。披露宴ですよ
まさか鹿児島で披露宴の撮影をするとは(-"-;A


披露宴自体はレストランウエディングだったので少人数でアットホームに。
最近は大がかりな披露宴より、小規模ウエディングがはやってるし。

今日の披露宴もかなーりアットホーム感じでよかったよ(^-^)

お昼すぎに終わったので、ちょっと鹿児島観光。
フェリーに乗って桜島へ〜


てゆーか、桜島でか!(>▽<;;
雲ももりもりしてて迫力あるし。。
山口とはちがうよなー。。。

噴火で埋もれたという鳥居を見学

・・・(@Д@;
まぢっすか?
すげー桜島。
てか、こんなアブねー所に普通に生活してるんだねぇ。みんな。

霧島に移動して霧島神宮も見学

うーん。ここは・・・なんかすげーなー
パワーを感じるよ。(笑)
いやまじで。伊勢神宮にいったときも似たようなモンを感じたけど
目にはみえんけどなんかあるんだろーねー

んで。
夜は鹿児島郷土料理を食べることに!
キビナゴの刺身。
地鶏のたたき
とんこつ(スープではない)
黒豚しゃぶしゃぶ(激うま)
鰹の酒盗などなど・・・

&焼酎盛りだくさん(笑)
篤姫って焼酎も飲んでおいた。まぁはやりだしね(>▽<;;

さ、明日はかえって祇園祭の女神輿だ!

2008年07月26日(土) No.483 (日記)

びゅーんと。。。鹿児島


市民総踊り


祇園祭も中日。今日は市民総踊り。






いやぁ、もう1年たつんだねぇ〜・・・ってこの台詞去年も使ってた(笑)
http://www.hattan.org/blog/sfs6_diary.cgi?action=article&year=2007&month=07&day=24&mynum=351

実は市民総踊りに来たのってってまだ3回目だったり
というのが一昨年の日記で発覚!(@Д@;
http://www.hattan.org/blog/sfs6_diary.cgi?action=article&year=2006&month=07&day=24&mynum=64


今年はちょっとあっさり終わったかな?という感じがしたんだけど。。
気のせいか?それとも疲れてるのか?俺。


さて、明日から鹿児島だ。
日曜日は祇園祭最終日の女御輿だ。
2008年07月24日(木) No.481 (日記)

うみーーーーーーー!


祇園祭!


ソフトにオフに枝鶴襲名


いやぁ色々あった1日でした。内容濃いし(笑)

午前中はソフトボールに。
といっても選手ではありません(笑)
もちろん応援です。(-"-;)
撮影班です。(当然か)
けちょんけちょんに負けるのかと思いきや、以上に強いしうちのチームw(゚o゚)w
やっぱ負けゲームより勝ちゲームのほうがおもしろいね。
応援しがいもあるし、撮影しがいもある。
ただ天気が異常に良かったので、こんがり〜。
まぁ健康的だし、いっか(笑)

午後からはオフ会に参加。
みくしのオフ会に参加@2回目
今回はじょりっぱでご飯&ボーリング
前回のオフで知ってる人数名。新しい人多数。(笑)
みんなオフ会とかは初めてだったり、数回目だったり。
うーん新鮮じゃ。
10人という人数もちょうど良かったのかも。案外みんなと話すことができたし(^-^)
ボーリングは久しぶりに169というスコアをマーク(^。^/)
この日のハイゲームでした汗
みくしに限らずなんだけど、ネットなんて所詮ツールの一つにしか過ぎないので
うまく活用して友達を増やしていこう!


寝太郎さんの日記@みくしに書いてあったんだけど
かれこれ10年来のお付き合いになる笑福亭小つる師匠が2010年に六代目「笑福亭枝鶴(しかく)」を襲名することが決定!
■ニュースが出てます
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080712/tnr0807121231006-n1.htm
http://www.47news.jp/CN/200807/CN2008071201000289.html
http://www.asahi.com/showbiz/stage/rakugo/OSK200807120038.html

五代目笑福亭枝鶴に入門して33年。ついに師匠が六代目に!!!
すげー師匠!
さすが、ただのうどん好き、プロレス好きじゃぁないとは思っていたけど(当然?)

ちなみに笑福亭枝鶴ってこんな人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%91%E7%A6%8F%E4%BA%AD%E6%9E%9D%E9%B6%B4
2008年07月12日(土) No.478 (日記)

ACDSee Pro2きたー(≧∇≦)ノ


ということで、今日ACDSee Pro2の発売日。
で。きたーーーー(≧∇≦)ノ
前にも日記に書いたんだけど(前の日記↓)
http://www.hattan.org/blog/sfs6_diary.cgi?action=day&year=2008&month=06&day=24

実際使ってみると・・・ふむ使用感はそんなにかわらんな。
要所要所いい感じにブラッシュアップされてるし。(^-^)

エンジンの展開もちょっと良くなってるような気がする。

RAW現像ができるんだけど、RAWで撮影しないおいらにとっては微妙。
まぁ今度試しに撮ってみるか。

実際はもうちょっと使い込んでみないとわかんないけど。今現在の使用感は満足です。
ていうか、写真やってるやつは、間違いなくこれを買え!
2008年07月11日(金) No.477 (日記)

EOSkissF雑感(見てくれ編)


さてさて、kissFを購入して約2週間。
ぼちぼちながらもスナップや撮影の現場で役立っている。
で、ちょっとkissのいろいろ気になっている部分をピックアップしてみようかと。。

■なぜフードがついてこない?

このレンズフード。1700円。(-""-;)
つけろよ。フードくらい。
おまけにかっこ悪い。(・_・、
ま、レンズ自体も高級というわけではないけどさ。
レンズセットで今時フードがついてないのはどうかと。
なんででしょ?
フードってさ、スゲー重要なんだけどなぁ〜

■若干改良されたグリップ部分

高級感がなくなったと案外批判的な意見を聞くけど、
個人的には良し。
というかグリップの形状がちょっと丸くなった。
コレがkissN、X、X2と若干とんがっていたので使いにくかったのよ。
個人的には初代kissのグリップ感でやってほしいところなんだけどね。

■ISレンズ

いめーじすたびらいざー対応レンズ。手ぶれ補正レンズです。
コレに頼っていてはいけないんだけど、あれば助かる機能。
というか、キヤノンとニコン以外はボディ内手ぶれ補正を搭載しているので
標準機能になりつつる。
ま、レンズが暗いのであると便利。

■操作パネル

kiss系パネルを継承しているので、まぁ使いやすくはないけど。慣れた感じ。
やっぱり1系のパネルが使いやすくていいなぁ。
でもボタンが大きいのはgood!
液晶も2.5インチだけど23万画素なのでこのサイズがいいのかも
3型ならニコンの搭載している92万画素はないと汚くてプレビューになったもんじゃないし。

とまぁ見てくれに関してはそんな感じで特に大きな不満はない。
というかおいらがもともとキヤノン使いなので慣れているということもでかいと思うけど。
でも持った感じ、操作のしやすさというのは、カメラを使う上で案外条件の厳しいおいらにとっては重要なポイントだったりする。

さて、今度は写った感じな雑感を書いてみようと思う(いつかね
2008年07月11日(金) No.476 (日記)

こんぱくとふらっしゅ8GB


シーカヤック初体験


熊毛郡平生町の佐合島に撮影で行ってきました。
冒険学校というのがあり、シーカヤックをするとのこと。
対象は小学校3年生から中学生まで(だったとおもう


今年2度目の船。(1度目はGWに四国に行ったとき)
乗客の8割は子供(参加者
学年もバラバラ。だけどみんな仲がいい。
というかかなりしっかりしている。
ちゃんと年上の子供が年下の子供の面倒を見てるし。。
うーん。立派だ汗

島についてちょっと時間があったから子供と遊ぶ。
しっかりしていても、これだけの子供を相手にするのはさすがにしんどい。
学校の先生の偉大さを痛感(-"-;)


シーカヤックの段取りも子供達が自分たちでやる。
船を出して、パドルをだして、ライフジャケットをだして・・・
ていうか、すげー手際がいい。恐るべし子供。

シーカヤックにのるのも慣れてるし汗

シーカヤックに乗るやつ、泳いでるやつ、釣りをしてるやつ。みんな思い思いに楽しんでいる。ていうか、みんな自由すぎ(笑)さすが子供。

それでもチーフガイドの「こうじさん」の言うことはきちんと聞く。この人すげー。


で、おいらもシーカヤックに乗ることに!@カメラ持参(おまけに2個
・・・さすがにびびりました。
カメラないともっと楽しめたけどなぁ〜(T-T)
どきどきおどおどしながら撮影。
なんとか海ポチャになることなく無事生還。

ちゅーか、これおもろいよ。まぢで。はまるね。
大自然を満喫堪能(^-^)

こーいう体験ができる今の子供が羨ましいなぁと思いつつ、
こーいうことが日常ではできないという今の現実に寂しさを覚える撮影でした。

この撮影の詳細は後日発表します。
2008年07月05日(土) No.474 (日記)

うちあわせ〜


hitomi写真展「Traveler」